画像はイメージです。

ケースバイケースですが、高校生と話すとき、短時間で終わることもあれば長時間話すこともあります。

早い場合、ものの数分程度のこともあれば、長い時は1時間以上話すこともあります。

今日は高校生5人と1対1で話してトータル2時間以上は費やしたと思います。

もちろん長く話すことが目的ではありませんが、個々で状況がまるで異なるため、時間がかかるときはかかってしまいます。

こればかりはやむを得ません。

ただし、学習アドバイスや進路の話、考え方の話はある程度長くなってしまいますよね。(塾ですし。)

それほどに、高校の勉強と中学の勉強は違いすぎます。高校生であればわかってくれると思います。

何だか何を書きたいのかよくわからない記事になりましてが、今日はここまでとさせて頂きます。