A日程における塾生の自己採点の平均値

教科塾生平均
国語16.9
数学17.4
社会18.4
理科19.5
英語19.6
合計91.8
(得点率83.4%)
愛知県公立高校入試は各教科22点満点・5教科110点満点

昨年の中3生よりA日程で+3.2点総合点が上がっています。
そして、無双塾で実施した入試模擬テスト(問題は一部改訂)の結果は、今年の中3生の方が悪いです。
今年の中3生が入試直前で力をきちんとつけたと思いたいです!!!

つまり、入試模擬テストの結果は昨年より悪いけれど、本番は今年の中3塾生の方が平均が高い。
そして、2022年度A日程の問題は、総合で見れば易化しているように見えます。
(社会・理科・英語が取りやすくなったと思います。数学は全体的に難化とは全く思いませんが、高得点は取りずらくなったと思います。17、18点は取りやすかったです。国語はあまり変わらないと思いますが、記述は取りやすくなりましたね)

ということは…
ボーダーがどの程度になるのかはわかりませんが、上がるのでは?と思います。
あとは、倍率がどの程度影響してくるか…という点と、そもそもの受験生の学力がどうなんだ…という問題なのですが…。内申点ももちろん関係します。

しかしながら、結局のところは正確なボーダーなど誰もわかりません。
どうか、塾生が合格していますように。
※進学校を想定

ということで、あとはB日程を残すのみとなりました。
B日程が第一志望の子は、A日程を実際に受験したことで何かしら経験できたはずです。
その経験を、B日程に活かしましょうね?

まだ受験は終わっていません!
中3塾生は、意識をB日程に持っていきましょう!